問い合わせ   交通アクセス   このサイトについて

||| TOP PAGE>在学生のみなさんへ

||| お知らせ

警報などが発令された場合などの連絡は、向陽高校Webページのトップページを確認してください。


↓携帯サイト(緊急連絡時のみの更新)はこちらから

■ 学校評価アンケート

 生徒アンケート結果pdf

 保護者アンケート結果pdf

 教員アンケート結果pdf

■ 暴風・暴風雪時の出校について

尾張東部、もしくは愛知県西部、または名古屋市に「暴風警報」あるいは「暴風雪警報」が発令された場合の出校に関しては次の通りである。


  1.在宅中に発令された場合は登校しない。

  2.登校途中に発令された場合はすみやかに帰宅する。

  3.在校中に発令された場合は、HR担任の指示に従う。

  4.警報が解除された時間により、当日の授業は次のとおりとする。


午前6時までに解除平常通り授業を行う
午前6時を過ぎ午前11時までに解除午後の授業を行う
午前11時を過ぎても解除されないとき当日の授業は中止する

      なお、警報解除後の登校に際しては、被害の状況を考慮し、安全に十分注意すること。
      また、被害を受けた場合はすみやかに学校へ連絡すること。



  ※「暴風・暴風雪警報」以外の警報・注意報等については、上記の規定はあてはまらないので注意すること。

  ※「大雨・洪水警報」が発令されている場合は原則として授業を行う。
  この場合途中の安全を確かめて登校すること。
  危険を伴うと予想される場合は無理をせず、その旨担任に電話連絡をすること。

■ 東海地震に対する緊急時の対応について(愛知県教育委員会)

東海地震に関する情報の強さには緊急度によって、3段階のレベルがあります。
低レベルは「調査情報」、中レベルは「注意情報」、高レベルは「予知情報」といいます。

  1.東海地震「観測情報」が発表された場合原則として授業を行いますが、
      学校行事等については、政府・自治体等の勧告によって中止する場合もあります。

  2.東海地震「注意情報」又は「予知情報」が発表された場合

  (1)在校中

        @直ちに授業をはじめとする教育活動を全て打ち切り、「情報」の内容を伝えます。
        A下校方法の安全確認をした上で、指示(校内放送・HR指導・全校集会等)により帰宅させます。
            安全の確認ができない場合は学校に留めます。
        B翌日以降は授業再開の目途が立つまで、自宅待機とします。

  (2)在宅中

    自宅待機とします。避難対象地区内に居住する場合は、警戒宣言が発令され次第、
    避難場所へ避難できるよう準備してください。

  (3)登下校途中

    原則として、「注意情報」又は「予知情報」の発表を知った時点ですみやかに帰宅します。
    やむを得ず登校した場合は、安全確認後にすみやかに帰宅します。