問い合わせ   交通アクセス   このサイトについて

||| TOP PAGE>学校生活>表彰記録

||| 2018年度表彰記録

■第27回東海地区高等学校化学研究発表交流会

科学部 優秀賞
討論賞
 科学部2年生の研究「ヨウ素時計反応における新しい過程の発見」は、11月3日に名古屋大学で開かれた 第27回東海地区高等学校化学研究発表交流会において、優秀賞を受賞しました。 また木村知覚くんは、討論賞を受賞しました。

■第17回AITサイエンス大賞ものづくり部門 優秀賞

 科学部 第17回AITサイエンス大賞ものづくり部門 優秀賞
科学部1年生の「ミウラ折りサンドイッチパネルの強度に関する研究」は、 11月3日に愛知工業大学にて開かれた第17回AITサイエンス大賞ものづくり部門において、優秀賞を受賞しました。

■名古屋市教育委員会表彰 & 日本学生科学賞愛知県展最優秀賞

 3年国際科学科 課題研究 ユリ班 名古屋市教育委員会表彰
日本学生科学賞愛知県展最優秀賞
3年1組課題研究ユリ班の「ユリの花粉管誘導U」の研究は、SSH生徒研究発表会における 「国立研究開発法人科学技術振興機構理事長賞」受賞により、酒向実里さん、曽根琉成くんの2名が、 名古屋市教育委員会表彰を受けました。また、同研究は日本学生科学賞愛知県展において、最優秀賞を受賞しました。

■核融合科学研究所オープンキャンパス高校生科学研究室 ポスター発表

 科学部
 9月8日

 最優秀賞

■SSH生徒研究発表会

 3年国際科学科 課題研究 ユリ班 科学技術振興機構理事長賞
 8月8日(水)、9日(木)に、神戸国際展示場で開かれたSSH生徒研究発表会(SSH全国大会)において、3年国際科学科のユリ班が課題研究の成果についてポスター発表を行い、全国から集まった208発表の中から6校の代表校に選ばれ、全体会で口頭発表を行いました。その結果、全体の2位の科学技術振興機構理事長賞を受賞することができました。なお、詳しい結果については、文部科学省のホームページにおける報道発表の項目から見ることができます。

||| 2017年度表彰記録

■日本植物生理学会

 国際科学科201
 課題研究 ユリ班
最優秀賞
 3月28日(水)に北海道札幌市で開かれた第59回日本植物生理学会年会 高校生生物研究発表会において、201課題研究グループのユリ班が「ユリの花粉管誘導U〜誘導を無視して伸びる花粉管の謎〜」というテーマでポスター発表を行い、33件中2件の最優秀賞を受賞しました。

■国際科学科表彰一覧

 国際科学科では第2学年に「SS理数探究T」という授業の中でグループによる課題研究に取り組んでいます。第3学年では「SS理数探究U」という授業の中で、2年生での研究結果をプレゼンテーション、ポスター、論文(日本語と英語)にまとめます。 各グループはそれらの成果を外部の発表会で発表し、論文コンクールにも投稿します。
 国際科学科1期生である今年度の3年生は発表会や論文コンクールで以下の表彰を受けました。

■核融合科学研究所 オープンキャンパス 高校生科学研究室における発表会

科学部滑空機班 優秀賞
科学部気象班 優秀賞
 10月28日(土)に岐阜県土岐市にある国立共同研究機構 核融合科学研究所にて開かれた『核融合科学研究所 オープンキャンパス 高校生科学研究室における口頭発表会』で、科学部滑空機班の「滑空機の研究」が優秀賞を、『展示発表会』で科気象班が、「雲の高さを測定する」という発表で優秀賞を受賞しました。

■第16回AITサイエンス大賞

科学部竜巻班 奨励賞
 11月4日(土)に行われた愛知工業大学主催 『第16回AITサイエンス大賞』において、科学部竜巻班が「竜巻のメカニズムの研究」で奨励賞を受賞しました。

■第2回東海地区 理科研究発表会

科学部時計反応班 学長賞
 11月11日(土)に、岐阜県各務原市にある東海学院大学主催の『第2回東海地区 理科研究発表会』において、科学部時計反応班の「時計反応の詳しいメカニズムの解明」という研究が、学長賞を受賞しました。

■SSH生徒研究発表会

3年国際科学科 課題研究ユリ班 審査委員長賞
 8月9日(水)、10日(木)に、神戸国際展示場で開かれたSSH生徒研究発表会(SSH全国大会)において、3年国際科学科のユリ班が課題研究の成果についてポスター発表を行い、全国から集まった302発表の中から6校の代表校に選ばれ、全体会で口頭発表を行いました。その結果、審査委員長賞を受賞することができました。なお、詳しい結果については、文部科学省のホームページにおける報道発表の項目から見ることができます。

■神奈川大学主催全国理科・科学論文

ユリの花粉管誘導班 優秀賞
 3月11日に神奈川大学主催全国理科・科学論文大賞の授賞式が行われ、課題研究「ユリの花粉管誘導」で優秀賞を受賞しました。
  
科学部 努力賞
 科学部3年生が、「宙に浮いて回るコマの研究」で努力賞を受賞しました。     

||| 2016年度表彰記録

■応用物理学会SC東海地区学術講演会2016

科学部学術講演会審査員特別賞
【研究テーマ】「宙に浮いて回るコマ」

■高校生燃料電池自動車プロジェクト

 名古屋市科学館主催『高校生燃料電池自動車プロジェクト』の最終発表会が12月17日(土)に行われ、本校生徒2名が研究成果の発表をし、表彰されました。そのうちの1名はこの冬休みに台湾にて英語による研究成果の発表をします。

■愛知工業大学主催AITサイエンス大賞自然科学部門

科学部奨励賞
【研究テーマ】「宙に浮いて回るコマ」

■日本学生科学賞愛知県展

科学部優秀賞・学校賞
【研究テーマ】「簡易DNA抽出実験の真相」・「宙に浮いて回るコマ」

■核融合科学研究所オープンキャンパス高校生科学研究室口頭発表会

科学部優秀賞
「スターリングエンジンンの研究」

■平成28年度名古屋市立高校生海外派遣事業・普通科等海外派遣団

   この事業は、名古屋市教育委員会を主体に実施されているもので、本年度2名の生徒が参加しました。
   ここでは参加生徒のレポート掲載します。
   派遣期間:平成28年7月25日(月)〜8月5日(金)
  ・平成28年度名古屋市立高校生海外派遣事業研修報告書(日本語)(PDF)pdf
  ・平成28年度名古屋市立高校生海外派遣事業研修感想文(英語)(PDF)pdf

■SSH東海フェスタ

科学部パネルセッション特別賞
【研究テーマ】宙に浮いて回るコマ
科学部口頭発表 優秀賞
【研究テーマ】サツキが開花するメカニズム

||| 2015年度表彰記録

■第14回 神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 (主催:神奈川大学)

●全国高校生理科・科学論文大賞
科学部
ペットボトル班
優秀賞
【研究テーマ】ペットボトルが奏でる音の研究

■第59回日本学生科学賞  中央最終審査(主催:読売新聞)

●高校生部門
科学部
オジギソウ班
 優秀賞
【研究テーマ】オジギソウの光追尾能力の研究

■第59回日本学生科学賞  地方審査(主催:読売新聞)

●高校生部門
科学部
オジギソウ班
 最優秀賞 名古屋市長賞
【研究テーマ】オジギソウの光追尾能力の研究